| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
残侠-天切り松 闇語り2
残侠―天切り松 闇がたり〈第2巻〉
残侠―天切り松 闇がたり〈第2巻〉浅田 次郎

おすすめ平均
stars男、かくあるべし!
stars男気ってかっこいいです。
stars名調子が響く
stars粋!な贈り物。
stars読んで損無し

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読み終わって、
ほぉっ(* ̄▽ ̄*)っとため息がでたわ〜
|13:51| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
天切り松 闇がたり-闇の花道-
闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉
闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉浅田 次郎

おすすめ平均
stars私は号泣しました。
starsとにかくかっこいい
stars読んで損無し!!
stars大正ロマンを痛快に生きた粋な義賊の物語。
stars脇を固める人物たちが魅力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


盛り沢山なのを選んだら、
こんなにいっぱいお勧めが。
私は号泣はしなかったけど、
ジワッと。。。

|19:46| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
天国までの百マイル
天国までの百マイル天国までの百マイル
浅田 次郎

朝日新聞社 2000-10
売り上げランキング : 3,106
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



百マイル=160劼竜離を、
今にも心臓が止まりそうな母親を
ワゴン車に乗せて連れて行くっていうのは、
どうなの?とも思わないでもないけれど、
安男が情けないぐらいに
 「おかあちゃん、死なないでくれ」
と泣く姿には
こちらもつられて泣けてきました。

ホステスのマリちゃんもすっごくいい。
遠藤周作作品に出てきそうな。

|17:51| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(1) | trackbacks(0) | posted by doremi -
シェエラザード 上・下
シェエラザード〈上〉シェエラザード〈上〉
浅田 次郎

講談社 2002-12
売り上げランキング : 55,144
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シェエラザード〈下〉シェエラザード〈下〉
浅田 次郎

講談社 2002-12
売り上げランキング : 55,143
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


浅田次郎読み返し作業は、
太平洋戦争関連が続いています。

前に読んだ本だし、
太平洋戦争中に沈没させられた船の
サルベージという事と、
戦時中の話が平行していくので、
破滅に向かって行くのがわかっていて読んでいるのに、
気が付くと力が入ってしまい、
歯を食いしばっていました。

弥勒丸の最期は優美さが一段と際だち、
涙が止まりませんでした。
リムスキーのシェエラザードを聴きながら読むと、
より一層雰囲気が出るかと思います。

|17:38| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
日輪の遺産
日輪の遺産日輪の遺産
浅田 次郎

徳間書店 2000-04
売り上げランキング : 54,380
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


浅田次郎読み返し作業2冊目。

宝探しでもなくミステリーでもなく、
なんなんだろう??
ラストは涙無しには読めません。


あんまり関係ないけど、
legacy(=遺産)と言う名前のステーションワゴンが
一時期よく走っていました(世界中を走っていたらしい)が、
どういう意味で付けたのかなー?
そのメーカーの前身は、
戦時中に爆撃で無くなってしまった飛行機会社だったとか。
みごとに復活したんだなぁと、
しみじみ・・・
(でも我が家の車はトヨタ)


|13:48| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(1) | trackbacks(0) | posted by doremi -
プリズンホテル・夏秋冬春
プリズンホテル〈1〉夏
プリズンホテル〈1〉夏浅田 次郎

集英社 2001-06
売り上げランキング : 9,106

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プリズンホテル〈2〉秋 プリズンホテル〈3〉冬 プリズンホテル〈4〉春



久々に浅田次郎読み返し作業開始。

ただの極道小説ではないですよ〜
一癖も二癖もある登場人物が魅力的゜+。:(人´∀`)゜.:。+゜
あっという間に
夏秋冬春と読み進んでしまいました。
もっと読みたい。



|13:38| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
輪違屋糸里
4163229507輪違屋糸里 上
浅田 次郎

文藝春秋 2004-05-27
売り上げランキング : 93,086
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



大分前に読み終わったんだけど、
何と言いましょうか、
読後感がよろしくないというか−
続きを読む >>
|18:01| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
オー・マイ・ガァッ!
4087477541オー・マイ・ガアッ!
浅田 次郎

集英社 2004-11
売り上げランキング : 10,257
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





 『ポロシャツの襟をおったてて、素足にローファー履いて、
  いったいどこにそんなオヤジがいるっていうの。』

 『あんた、きっと冬になったら、
  セーターは着ないで背中にしょうんだろ。
  こうやって、胸の前でむすんでさ。』


はい、これは誰でしょう?
続きを読む >>
|17:31| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
壬生義士伝 上 ・下
評価:
浅田 次郎
文藝春秋
¥ 660
(2002-09)
Amazonランキング: 19735位
Amazonおすすめ度:
浅田次郎、会心の一作
「侍」とは「義」とは、「誠」とは。
流石です。
gaiaxのHPサービスが終了して、
なんか勿体ないなーとgooに丸ごと引っ越したのが、
2004年の夏だったらしいです。
そんなgooがとうとうHPサービスをやめるらしいんで、
読書の感想だけ移す事にしました。

丸写しなので、
なんか変だけど気にしない事!
ヾ(( ゜)д( ゜))ノイヒヒヒヒー♪

--------------------------------------------------
記事番号 9  編集
書籍名 壬生義士伝   カテゴリー 日本文学       
著者名 浅田次郎   発行年(西暦) 2002  
出版者   値段 600-800円  
投稿日時 2004/08/26 22:27 本のサイズ その他
感想 感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
☆☆☆☆☆ ☆ ☆☆☆☆☆ ☆ ☆☆
時代背景、生活環境などなにもかもが
現代とはかけ離れていて、想像もつかず、
話の世界に入り込むまでちょっと時間がかかりました。
が、読み始めてしまったら、
どっぷり入り込んでしまい、
背景とは別に登場人物達に感情移入してしまいました。
読み終わっても何日もその世界から
出てこられないような感覚。
そんな本にはめったに出会えません。

二駄二人扶持、長くて恐ろしい冬、飢饉、身分、
脱藩、新撰組、薩長、幕末、義・・・
読むまではさっぱりわからないキーワードでしたが、
読んだ後にまで想像力をかき立てられています。

楽をして雰囲気を知ろうとして、
映画(今年公開された)のホームページを見てしまいましたが、
それを読んだ限りでも
私の頭の中にある小説世界とは違いすぎるので、
映画は見ない方がいいかな〜と思いました。


一応あらすじを。。。
(読んでも、?って感じですが)

【上】

小雪舞う一月の夜更け、大阪・南部藩蔵屋敷に、
満身創痍の侍がたどり着いた。
貧しさから南部藩を脱藩し、
壬生浪と呼ばれた新撰組に入隊した吉村貫一郎であった。
”人斬り貫一”と恐れられ、
妻子への仕送りのため守銭奴と蔑まれても、
飢えた者には握り飯を施す男。
元新撰組隊士や教え子が語る非業の隊士の生涯。


【下】

五稜郭に霧が立ちこめる晩、
若侍は参陣した。
あってはならない”まさか”が起こった。
-----義士・吉村の一生と、
命に替えても守りたかった子供達の物語が、
関係者の”語り”で紡ぎ出される。
吉村の真摯な一生に関わった人々の人生が
見事に結実される壮大なクライマックス。




?なついでに、印象深い場面。

 そのころの私たちは
 「おもさげなござんす」と言う言葉が口癖のようになっていました。
 「申し訳ない」という意味であります。
 いったい何が申し訳ないのか、何に対して申し訳ないのか、
 とにかく二言目には
 「おもさげなござんす」「おもさげながんした」「おもさげねなはん」と
 頭を下げ続けていたように思います。
 禄を失い、ほこりを失い、死に場所を得ずに
 生き永らえてしまった武士たちに残された言葉はそれだけだったのでしょうか。


 他にもたくさんあるけど、この辺で。


2003/03/27 19:33

-------------------------------------------

丸写しなのに、
更に感想を書くのもどうかと思いましたが、書くわっ。

壬生義士伝はすんごぉーーーーーーーっく感動したけど、
他の幕末頃のお話は、
輪違屋糸里も憑き神もなんかなんだかなんなのよー

あ、歯切れ悪っ。
|20:04| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | - | posted by doremi -
<< | 2/2 |
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.