| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
スタイルズ荘の怪事件
評価:
アガサ クリスティー
早川書房
¥ 735
(2003-10)
Amazonランキング: 151769位
Amazonおすすめ度:
「“ひとりの女性の幸福”」(本文から)
デビュー作は「凡作」
翻訳が合わないのか

旧友の招きでスタイルズ荘を訪れたヘイスティングズは、
到着早早事件に巻き込まれた。
屋敷の女主人が毒殺されたのだ。
難事件調査に乗り出したのは、ヘイスティングズの親友で、
ベルギーから亡命して間もない、エルキュール・ポアロだった


はい。
アガサ・クリスティのデビュー作ですね。
ポアロも英国に来たばかりで、足に怪我でもしているのでしょうか、
びっこをひいていますね。

それにしてもヘイスティングズ君は、惚れっぽい。
勘違いバンバンしてるし。
振られる以前なのよねー。 カワイソウに。。
いつかは報われるってのを知っていて読んだので、
気の毒なんだけど笑っちゃいましたが( ̄∀ ̄*)











|09:04| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(0) | - | posted by doremi -
アクロイド殺し、ありました。
評価:
アガサ クリスティー
早川書房
¥ 777
(2003-12)
Amazonランキング: 6808位
Amazonおすすめ度:
性格を変える‥
アンフェアだと思ってる方、一人称小説だと勘違いしてないか?
椅子から転げ落ちるほど驚いた。

昨日は画像もレビューも無かった。
たーしーかーに、無かったハズなんだよぅ〜(-公-、)シクシク

検索したら、普通にあったし。 

怒。



っつー事で、
レビューは昨日のを変更するのも面倒なので
そのままっ。 ( ̄ε=‥=з ̄) フンガー








【2009/11/03 追記】
何故か画像の表示位置が記事本文の下に設定されていたので、
上に表示するように手直ししていたのですが〜、、、、
画像が無いのかと思って、
アップしてしまうま。。。ガックシ

今も昔も粗忽者っΣ\(*´▽`*) ばしっ








|08:52| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(0) | - | posted by doremi -
アクロイド殺し


今さらどうこう言うのも野暮ですね☆
アマゾンの、レビューもありませ〜ん。
でも読み返すたびに面白さを確認できるって、すごいよね。

それにしても、
 ・アクロイド殺し
 ・アクロイド殺人事件
 ・アクロイド殺害事件

と、3種類のタイトルで検索したのに、
画像がほとんど無いのは何故〜( ・ω・)モニュ?

タイトル的にしっくりくるのは、
”アクロイド殺し”かなー。









|09:09| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(3) | - | posted by doremi -
茶色の服の男
評価:
アガサ クリスティー
早川書房
¥ 798
(2004-01)
Amazonおすすめ度:
冒険!
勇敢な女冒険者アン!
少女向けの冒険小説

父親を亡くしたばかりのアンは、
ロンドンの地下鉄ホームで妙な事件を目撃した。
外国人の男が何かに驚いて転落死し、
それを見取った怪しい医者が暗号らしきものの書かれた紙片を落としていったのだ。
冒険心に富むアンは、事件の謎を解くべく一人、
鍵を握る南アフリカ行きの客船に飛び乗るが…
胸躍る冒険ミステリ。


っつー事で、冒険小説ですねっ。
アンばかりがどうして…と、
お友達のブレア夫人が恨めしそうに言うくらい、
やたらとアンが何者かに騙されたり襲われたりさらわれたりの危険に遭遇します。
(そして何故かいつも無事〜 )

それに自分では美人ではないとアンは言いますが、
やたらとモテモテ…(* ̄▽ ̄*)むふ〜
おっさんから若者まで、3人にプロポーズされてます。
恋と冒険と来たら、昔の少女漫画もマッツァオですが、
今でもトキメキの元よねっ☆

ま〜、ちょっと気になるのは、
荒々しくて冷たくてカッコ良かった彼が、
好きだのナンだのと言い出した途端に普通の男になっちゃったのが、
残念よねぇ〜〜 夢から覚めちゃうわぁ。

いろんな作品で諜報機関の人間として登場する、
レイス大佐のロマンスもちょっと見られのは、
ちーとばかりうっしっし〜ってな気分です。
ただの堅物かと思ってたよー。

推理小説の犯人は、”まさかコイツがっ??っていう人”
というのも定番のひとつですが、
いつもはその辺に重きを置かないアタクシも、
今回はあらまっ(;*゜□゜*)!!!っと驚きましたよぅ。
犯人っつーか、悪の黒幕? ぷひっ
このトリック(?)は、
議論を巻き起こしたアノ作品に先駆けて、だそうです。
騙される楽しみって所でしょうか〜
おほほ。












|13:10| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(2) | - | posted by doremi -
白昼の悪魔
評価:
アガサ クリスティー
早川書房
¥ 756
(2003-10)
Amazonおすすめ度:
翻訳が…
トリックはベスト
「ナイルに死す」と並ぶクリスティの本格派の傑作

地中海の平和な避暑地スマグラーズ島の静寂は突如破られた。
島に滞在中の美しき元女優が、何者かに殺害されたのだ。
犯人が滞在客のなかにいることは間違いない。
だが関係者には、いずれも鉄壁とも思えるアリバイが…
難航する捜査がついに暗礁に乗り上げたとき、
滞在客の中からエルキュール・ポアロが進みでた。


…。
なんかこう、読んだ感じとあらすじの感じが
違和感あるっていうか。。ヾ(´▽`;)ゝ
間違ってないんだけど、ナンデダローね?


魔性の女 VS たおやかな若妻 チーン!ファイッ

という流れもあるんだけど、
なんか元女優とか、すんごい美人のひとって、
頭カラッポで男にしか興味ない・・ってな風に描かれる事が多いのは何故〜
昔の上流の方々は、そんな感覚だったのかなー?
ちょっとお気の毒。。


そうそう。
たまたま、ナイルに死すの次にこれを読んだのですが、
リネット・リッジウェイを知ってる滞在客がいたりして、
ちょっと繋がりがあるのが嬉しかったりしましたー。












|20:18| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by doremi -
ナイルに死す
評価:
アガサ クリスティー
早川書房
¥ 987
(2003-10)
Amazonおすすめ度:
クリスティーの最高傑作
男を愛している女と、女に愛させている男
ちょっと気になりました

これまた何度も読み返しているのに、
ブログには全然エントリーしてなかったようで、
我ながら無精だな〜と思いマシタ(u_u*)ホ゜ッ

美貌の資産家リネットと若き夫サイモンのハネムーンは
ナイル河をさかのぼる豪華客船の船上で暗転した。
突然轟く一発の銃声。
サイモンのかつての婚約者が銃を片手に二人をつけまわしていたのだ。
嫉妬に狂っての凶行か?…だが事件は意外な展開を見せる。
船に乗り合わせたポアロが暴き出す意外きわまる真相とは。


ぇえ〜っと、
特に意外きわまると言った感じでもゴザイマセンでしたが。
謎解き…は、別にいいんじゃない?
ポアロに任せておけば。
(私は、楽しみたいのがそこじゃないので。。。)

愛しすぎた事が発端…なんでしょうねぇ。
ジャクリーン、性格激しいわ。

それにしたって、
このサイモン君ってそんなにイイ男ですかねぇ〜
見た目はわかんないけど、単純すぎだし…
そこが母性本能っていうか、
守ってあげなくちゃって気持ちにさせるのでしょーか。
リネットちゃんは、人のだから欲しくなっちゃった部分もありそうな。

メインのお話の他に、
余計な部分をそぎ落として核を浮き上がらせるため(のような事)、
とかなんとか言いながら、
ポアロおじさんがまたまた仲人をやってたのが微笑ましい。

前書きでアガサ・クリスティも書いていたように、
ナイルを旅してる気分にもなれて、
ひとくちで二度美味しいお話だったわ〜












|23:00| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(1) | trackbacks(0) | posted by doremi -
ビッグ4
評価:
アガサ・クリスティー
早川書房
¥ 735
(2004-03-16)
Amazonランキング: 70443位
Amazonおすすめ度:
ドキドキ感は○、でも推理小説としては×
さながらポワロが『007』のような働きを見せる
クリスティーには珍しい駄作

すんごーくオマケして、☆2つーっ!!
ぱふぱふ〜


アガサ・クリスティーでポアロもので、
こんなに読むのが辛い話があっただろうか。
いや、ない。

悪の天才4人組で、ビッグ4。
(はー、さいですか。)
メンバーはあの人とこの人と…
(ええっ、社会的地位もあるあのひとが?)
4人目は謎だったんだけど、
幼なじみのあの人が教えてくれたあの癖でわかっちゃったー
(へー、なるへそ)

それで、だから?何? と聞かれると、
( ̄ω ̄;)エートォ...
ナンダロ?

ポアロがあまりにも活動的すぎて、
彼がもっとも蔑む”人間ハウンド”に成り下がっていたのが、
ゆーるーせーないぃいい〜〜〜(゜Д゜)ノ
灰色の脳細胞、使った?
そして犯罪者に命を狙われるポアロって・・・
ハリウッド映画のようで、ポアロにしてはお手軽な気がしたんだけど。


読んでいて良かったのは、
ヘイスティングズとシンデレラちゃんが
結婚して何年も経つのにいまだにラブラブな事と、
ポアロの兄か弟のアシル(=アキレス)が出てくる事、かなー。
しかーも!
双子らしいんですのよ。
タマゴ頭の小男が2人っ( ̄ロ ̄;)










|20:25| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(3) | trackbacks(0) | posted by doremi -
名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 1
アガサ・クリスティー
ハピネット
¥ 11,454
(2007-05-25)
Amazonランキング: 10750位
Amazonおすすめ度:
祝!新シリーズ!
1シーズンにまとめるにはもったいないと思えるほどの、豪華なラインナップの第9シーズン
第9シリーズをまとめたものがNew Season 1ですか

うちのトイレには雑誌のダ・ヴィンチが常備されているんですが、
毎回ヨッコラセっと座るたびに、
裏表紙に乗っているこの”名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 1”が
目に入るんですよね〜ぇ。

ま〜、トイレとはいえ
なかなかノンビリもしていられないのですが、
この広告(?)を見るに付け
デビッド・スーシェっていう役者は、
ポワロだなぁ〜と思うです。はい。
このひと以上に、原作のイメージを損なわない人がいるだろうか。
いや、ない。
っつーぐらいピッタリよねぇ〜゜+。:(人´∀`)゜.:。+゜


収録作品は4話だそうで、

・五匹の子豚
・杉の棺
・ナイルに死す
・ホロー荘の殺人

と、見たい作品ばっかり。 
 キャー゜.+:。(*≧∇≦*)゜.+:。

特に杉の棺は好きなお話なので、
ポワロ以外の人たちがどうなっちゃうのか、
楽しみなような不安なような。
でも、想像力を駆使しても、
お衣装や背景はわからないもんね。


で、思ったんですが、
このDVD-BOXを買ったとするでしょ?
そうしたら、他のも欲しくなるでしょ?
このBOXって、映像化されている分は全て出されるのかしらん?

あ、またまたよく考えたら、
1セット定価14,700円って事は、
全部のDVDが発売されて全部買ったらいくらだべさっ???

むきーっ
なんかなんだか何を書いているのか?
わけわかめになってきましたが、
何が言いたかったのかと言いますと、
デビッド・スーシェのポワロが観たい。
これでした。 はい。

欲しーな〜  ← アリ(゜Д゜)?


買ってもいないのに、レビュー書くな?
ごもっとも〜 ヘ(゜∀゜ヘ)アヒャ











|19:56| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(3) | trackbacks(0) | posted by doremi -
ヒッコリー・ロードの殺人
評価:
アガサ・クリスティー
早川書房
¥ 819
(2004-07-15)
Amazonランキング: 238465位
Amazonおすすめ度:
退屈
成長することのない子供・・・幼稚な殺人者(;'Д`)ハァハァ 
ミスレモンファンに。

外国人留学生の多いロンドンの学生寮で盗難騒動が次々と起き、
靴の片方や電球など他愛のないものばかりが盗まれた。
が、寮を訪れたポアロは即刻警察を呼ぶべきだと主張する。
そしてその直後、寮生の一人が謎の死を遂げる。
はたしてこれらの事件の裏には何が…

マザーグースを口ずさむポアロが名推理を披露する。


ミス・レモンがあんなにも特徴のある
機械のような秘書でなければ、
正反対の人間味あるお姉さんの印象もフツーだったかも。
(ミス・レモン考案の新書類整理システムが知りたい)

でー、
またしても邪なひとが出て来ますが、
初めの悪事で叩きのめしておけば良かったのにと
思わざるを得ないでございました。
( ̄ε=‥=з ̄) フンガー









|22:57| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(4) | trackbacks(0) | posted by doremi -
なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?
評価:
アガサ クリスティー
早川書房
¥ 840
(2004-03)
Amazonランキング: 216696位
Amazonおすすめ度:
サスペンス
合理的な題名 !
是非読んで欲しい一冊!

牧師の息子ボビイは、
ゴルフの最中に崖下に転落した瀕死の男を発見した。
男はわずかに意識を取り戻すと、
ボビイに一言だけ告げて、息を引き取った。

「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」

―幼なじみのお転婆娘フランキーとともに謎の言葉の意味を追うボビイ。

若い男女のユーモアあふれる縦横無尽の大活躍。


っつー事で、
本格でもなく(本格って括りもよくわからないが…)、
ミステリーでもサスペンスでもなく、
冒険小説だよね〜

レビューに、テーマが無いと書いてありましたが、
テーマは牧師の息子と伯爵令嬢の冒険なんじゃないのかちら〜
ロマンスもちらほら。
ポアロおじさんも、ジェーンおばさんも出てこないけど、
面白いお話だと思うんだけどー。。

あとー、あのひととこのひとの悪党っぷりが、
運河の家に住んでいたあの人〜 え〜と、ほら、
ホットミルクをすすりながら
「あれはあなたのお子さんでしたの?」っていう〜

ランカスター夫人?
を、思い出させるような気がします。

で、エヴァンズって誰???










|19:08| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by doremi -
<< | 2/7 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.