| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)
評価:
誉田 哲也
中央公論新社
¥ 740
(2009-02)
Amazonランキング: 3767位
Amazonおすすめ度:
壮大なストーリー。
急展開の3巻目・・・細かなディテールがもっとあれば・・・
こう来るか!

新宿東口で街頭演説中の
総理大臣を標的としたテロが発生。
大混乱の中、伊崎基子らSAT隊員が総理の身柄を確保し、
警察上層部は安堵する。
だがそれは、さらなる悪夢の始まりに過ぎなかった。
 “新世界秩序” 
 を唱えるミヤジと象徴の如く佇むジウ。
彼らの狙いは何なのか?
そして美咲と基子は―!?
シリーズ完結篇。



全部読んでから気が付いたんだけどー、
シリーズっていうより全3巻だよね?
全部読まないと話がおわんないのよー


んでもって、誇大妄想テキな展開も頂点に達しちゃってます。
なんか靴乃泙砲弔い討韻覆ご兇犬法。

変な思想を持った人たちが、
世の中のソコココに普通にいて、
警察組織や政財界にも・・・なーんてとこまでは、
イイ感じで進んでいたんだけど。

面白いっちゃー面白いんだけど、
なんか『あ、そう。』みたいな読後感。
後引かない感じでちょっと勿体ないような。。

そうそう、
ジウのこれまでの犯行の動機、みたいなものが哀しかった。



------------------

[覚え書き]
SMクラブの【J】って、
ストロベリーナイトに出てきたような気がする〜


|20:21| 作家別・は行(誉田 哲也) | comments(0) | - | posted by doremi -
スポンサーサイト
|20:21| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.