| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
封印再度―WHO INSIDE (講談社文庫)
評価:
森 博嗣
講談社
¥ 820
(2000-03)
Amazonランキング: 43302位
Amazonおすすめ度:
一番センスが良い
実際に再現可能ならちょっと見てみたい
ライトミステリー

不可解な死と家宝の関係は?
「天地の瓢」「無我の匣」
香山家に伝わる2つの宝と死の秘密とは

50年前、
日本画家・香山風采(ふうさい)は
息子・林水(りんすい)に
家宝「天地の瓢(こひょう)」と「無我の匣」を残して
密室の中で謎の死をとげた。
不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、
現在にいたるまで誰にも解かれていない。
そして今度は、林水が死体となって発見された。
2つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。



密室の謎っちゅーのはいただけないけど、
天地の瓢と無我の匣の謎はいいかも。
もっと“不思議な言い伝え”の雰囲気を出したら、
京極風味になっちゃうかなぁ。
ちょっと勿体ない感じがするのだわー。

そして、あの2人は、
なかなかくっつかん!!
ヤキモキ・・


|19:54| 作家別・ま行(森 博嗣) | comments(0) | - | posted by doremi -
スポンサーサイト
|19:54| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.