| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
警察庁から来た男 (ハルキ文庫)
評価:
佐々木 譲
角川春樹事務所
¥ 660
(2008-05-15)
Amazonランキング: 12030位
Amazonおすすめ度:
まぁそう固いこと言わずに、
正義の味方
最後が・・・

北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。
監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。
藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に
百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に
監察の協力を要請した。
一方、札幌大通署の佐伯刑事は、
ホテルでの部屋荒らしの捜査を進めていた。
被害者は、すすき野の風俗営業店で死んだ男の父親だった。
大通署に再捜査の依頼の為、
そのホテルに泊まっていたのだという。
佐伯は、部下の新宮と事故現場に向かうのだが…。
『笑う警官』に続く道警シリーズ第二弾。



笑う警官と一緒に買ったんだけど、
続編なのに面白かったラッキー♪な一冊。


警察って、ホントにこんなに腐っているんかのー
ヤダナー


|19:57| 作家別・さ行(佐々木 譲) | comments(0) | - | posted by doremi -
スポンサーサイト
|19:57| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.