| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
鉄鼠の檻
406181883X鉄鼠の檻
京極 夏彦
講談社 1996-01
売り上げランキング : 118,649
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る
by G-Tools



京極堂シリーズ4冊目。
読み返し作業2冊目だというのに、
相変わらず途中から、しかも順番遡って読んでます。
順番に読めば、登場人物の動向もわかりやすいのに、
なんでこんなことしてるんだろう?
手当たり次第って事ですかねー。ニャハハ(*^▽^*)
よけいにこんがらがるのを楽しんでるとも言えるかな。

こんがらがると言えば、
お坊さんがいっぱい出てきて、
途中でどれが誰やらわからなくなったりなんかして。
ふひひ。
あれ?なんかおかしくない?って場面も、
圧倒的な文字の洪水に溺れ、
なにがおかしいのかわかんなくなったりなんかして。
ふひひ。


探偵の出番は結構多かったので満足。
もっと暴れてくれても良かったかも。


※ 1作目の『姑獲鳥の夏』が映画化されるそうで。
  あんまり期待してないけど、
  キャスティングには興味があって。
  ちょっとイメージ違うけど、まぁ、そこそこかなという感じ。
  (エラソー!! ぷっ。)

  私の好きな薔薇十字探偵である所の榎木津礼二郎役は、
  阿部寛。

  ( ・ω・)モニュ? 
  原作によると
  茶色い髪に茶色い瞳で、
  陶器のようなお肌のビスクドールのような顔した人らしんですが。
  阿部寛。。。
  ( ̄ω ̄;)エートォ...
  
  喋り方とか、破天荒なところは合ってるのかも。 
  d(T▽T* )ネッ!




▲ # by strawberry_doremi | 2005-05-29 14:39 | 本(小説もマンガも)
|18:17| 作家別・か行(京極 夏彦) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|18:17| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.