| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
夜市
評価:
恒川 光太郎
角川グループパブリッシング
¥ 540
(2008-05-24)
Amazonランキング: 4785位
Amazonおすすめ度:
本が好きでよかった。
引き込まれる世界観
どろどろしてない

妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。
ここでは望むものが何でも手に入る。
小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、
自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。
野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、
弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。
そして今夜、弟を買い戻すため、
裕司は再び夜市を訪れた―。


漫画だったら、ネムキとかに載っていそうな雰囲気、、
と言ったらダメでしょうか〜

百鬼夜行抄とか雨柳堂とか。
花ゆめの夏目友人帳とかも雰囲気が近い感じ。

不思議というのも、
なんだかしっくりこないし、
ホラーというのはどうなのかなぁ。


|18:57| その他*小説 | comments(0) | - | posted by doremi -
スポンサーサイト
|18:57| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.