| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
予知夢 (文春文庫)
評価:
東野 圭吾
文藝春秋
¥ 530
(2003-08)
Amazonランキング: 81位
Amazonおすすめ度:
ガリレオシリーズ:第二弾
オカルトとミステリーをつなぐもの
面白かった
商品の説明・Amazon.co.jp
素封家の屋敷に侵入者があった。
犯人は27歳の青年。
2階で眠っていた娘を襲おうとしたらしい。
逮捕された犯人は、17年前、
その少女と結婚する夢を見たという。
夢に現れた少女が現実に存在するとは?
予知夢はあるのか?

ロマンチックにも感じられる第1章
「夢想る(ゆめみる)」をはじめ、
「霊視る(みえる)」
「騒霊ぐ(さわぐ)」
「絞殺る(しめる)」
「予知る(しる)」の、全5作が収録されている。
軽快な文章の中に凝縮された、
オカルチックな題材と巧妙なトリック、
明晰な推理と確固たる論理。
本書はたぐい稀なるストーリーテラーである著者の技を
堪能できる作品といえよう。(冷水修子)



ガリレオシリーズ第2弾ですねー。
オカルトなネタも、
湯川先生にかかると現実的になっちゃうわねー。
スッキリしていいんだけど、
すべてを割り切られちゃうと寂しいような。
とか言いながら、
シリーズの続きも読むと思いマース。


アマゾンの商品の説明の全文には、
秘密と天空の蜂が書かれていてびっくりー。
代表的な作品だったのね。

|19:17| 作家別・は行(東野 圭吾) | comments(0) | - | posted by doremi -
スポンサーサイト
|19:17| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.