| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
探偵ガリレオ (文春文庫)
評価:
東野 圭吾
文藝春秋
¥ 570
(2002-02-10)
Amazonランキング: 57位
Amazonおすすめ度:
普通の短編
盲点をつく事件解決の糸口発見はやみつきになる
ガリレオシリーズ:第一弾
内容(「BOOK」データベースより)
突然、燃え上がった若者の頭、
心臓だけ腐った男の死体、
池に浮んだデスマスク、
幽体離脱した少年…
警視庁捜査一課の草薙俊平が、
説明のつかない難事件にぶつかったとき、
必ず訪ねる友人がいる。
帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。
常識を超えた謎に天才科学者が挑む、
連作ミステリーのシリーズ第一作。



ドラマは見て無いんだけど、
福山雅治のイメージで読んでしまったわー。
カッコ良すぎ♥ 

んで、解決の糸口が
理科なところが面白かったでっす。
ドラマでもそうなのかな?
(たぶん見ないけど)


東野圭吾は、何年も前に天空の蜂を読んで面白かったので、
一時期いろいろと読んだんだけど、
秘密を読んでからちょっと気持ち悪くなって
ぷっつりと読まなくなっていました。
結構色々映像化されているみたいだけど、
あんまりテレビ見ないのよね〜ヾ(´▽`;)ゝ

|18:59| 作家別・は行(東野 圭吾) | comments(0) | - | posted by doremi -
スポンサーサイト
|18:59| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.