| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
鬼平犯科帳〈17〉特別長篇 鬼火
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 540
(2000-11)
Amazonランキング: 38496位

その居酒屋には名前さえついていない。
土地の人びとは「権兵衛酒屋」と呼んでいる。
亭主はもと二本差であったらしい。
長谷川平蔵がそこへ立寄った日に、
「権兵衛」の女房が斬られ、
亭主はいずこかへ逐電した。
何かいぶかしい―。
謎を探る平蔵に迫る怪しい影は、
ついに鬼平を斬った!
特別長篇「鬼火」、満を持して登場。
|19:41| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|19:41| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.