| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
孤宿の人 下
評価:
宮部 みゆき
新人物往来社
¥ 1,890
(2005-06-21)
Amazonランキング: 77762位
Amazonおすすめ度:
読み終えて静かな感動が残る
じんわり。
閉鎖された場所の情報操作の結果
内容の紹介は、
上巻も下巻も同じ事が書いてありますね。
上・下巻を通して読まないと、
何とも言えないからでしょうか。。

んーでですね、
宮部作品にしては珍しく、話に入り込みにくかった、
というのが読みはじめの印象でしょうか。
いろいろな人物が出てくるので、
初めはなにがなんだか・・・?でした。

いつもの宮部みゆきの時代物と違って、
人情とかほっこり系ではありません。
身分やしがらみ、
旛やら幕府やらの思惑というか陰謀というか、
もうどうしようもないというか、、、
(スイマセン、わけわかんないよねぇ)

いったん物語に入り込んでしまうと、
この時代の物事の理不尽さなどに、
悲しみやら怒りやら溢れ出てきて(自分でもよくわからん)
わんわん泣きながらの読書となりました。。
|17:14| 作家別・ま行(宮部 みゆき) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|17:14| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.