| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
死の猟犬
評価:
アガサ・クリスティー
早川書房
¥ 840
(2004-02-20)
Amazonランキング: 200292位
Amazonおすすめ度:
怪奇幻想色の濃い作品集


ベルギーの小さな村に侵入したドイツ兵士を、
謎の爆発現象で吹き飛ばしたのは聖女と評判の修道女であった。
まもなく、彼女は「死の猟犬」について謎めいた話を始めるが…。
超自然現象とそれに絡む犯罪を描いた表題作をはじめ、
幻想怪奇をテーマにした異色短篇11篇と
映画化された名作短篇「検察側の証人」を収録。



・死の猟犬
・赤信号
・第四の男
・ジプシー
・ランプ
・ラジオ
・検察側の証人
・青い壺の謎
・アーサー・カーマイクル卿の奇妙な事件
・翼の呼ぶ声
・最後の降霊会
・S.O.S

書きだしてみたら12編もありました。
本がこの厚さ(文庫本のお値段から想像してね)と言うことは、
1つの話があっと言う間な短さって事ですね〜。

私がアガサ・クリスティを好んで読むのは、
ミステリー、推理、心理、
そしてラヴ〜♡なのですが、
どちらかというとオカルトというかホラーっぽいような。
ゴシックってんでしょーか。
ジャンル分けがよくわかりませんが。。

あんまり超自然系は面白くないよね。
何でもありになっちゃって、
ワクワクしないのだー。

精神科系の話はそう悪くは無いんだけれど、
話が短いものだから、
入り込む前に結末を迎えてしまって物足りず。。


内容的には
 『人を呪わば穴二つ(古書肆中善寺秋彦氏の得意文句)』
だなーというのがあって(アーサー・カーマイクル卿の奇妙な事件
)、
そう思って読むと面白いです。
婚約者のオネーチャンの心模様が言葉だけで、
なんか上っ面ーな感じで物足りなかったかなー。

あと、あんなに恐くないけど
『シャイニング』っぽいのもありましたねー。
うーん、でもやっぱりちょっと違うか。
いやそんな雰囲気っちゅー事で。

検察側の証人が一番読みやすかった。
この本の中では普通(そういう言い方も変だけど)でした。


それでこの本、
ずぅーっと前に買ったはずなのに、
読んだ覚えがありませんの。
内容が好みじゃなかったからか、
実際の所読んでいないのか、、、(・_・?)ハテテテテ…

|11:49| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|11:49| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








>たくさん

そうそう!
オチらしいオチがないんだよね〜
なんとなかう気味悪い、落ち着かない気分にさせて置いて、
なにげ終わってる感じ。
だからこれ短編集なんだろうね。
長編でやられたらブーブーだもの〜( ̄∀ ̄*)イヒッ
posted by doremi♪ | 2008/01/09 8:40 AM |
あんまり覚えてないけど、落ちがないのにびっくりした覚えがある〜
こういうの珍しいよね
posted by たく | 2008/01/08 9:06 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.