| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
影踏み (祥伝社文庫 よ 5-1)
評価:
横山 秀夫
祥伝社
¥ 670
(2007-02)
Amazonおすすめ度:
泥棒が探偵役!傑作連作短編集
まぁまぁ。
連作短編集です

消せない“傷”を背負った三人の男女
決して交わることのない魂の行き場――
かつてこれほど切ない犯罪小説があっただろうか。

深夜の稲村(いなむら)家。女は夫に火を放とうとしている。
忍び込みのプロ・真壁修一(まかべしゅういち)は
侵入した夫婦の寝室で殺意を感じた――。
直後に逮捕された真壁は、二年後、刑務所を出所してすぐ、稲村家の秘密を調べ始めた。だが、夫婦は離婚、事件は何も起こっていなかった。
思い過ごしだったのか? 
母に焼き殺された弟の無念を重ね、真壁は女の行方を執拗に追った……。
(「消息」より)


今まで横山秀夫作品は
警察小説ばかり読んできたように思いますが、
今回は泥棒(ノビ師と言うらしい)が主役で、
各短編が関連している短編集かな。
泥棒なんだけど、優れた頭脳(そういうとコナンみたいだなー)で
事件を解決していきます。
(自分に関係あることだけだけど)

司法試験にも受かるのではというぐらい頭イイんだけど、
弟(と母)の心中から別の道へ。。。
でもなんでそっち方面にいっちゃうの?という疑問は、
深読みしてもよくわからなかったような。

んーでですねー、
双子っていうとよく【不思議】な出来事に使われますが、
うちにも双子居ますけどね、
アリエナイー<(´∀`)/ アリエナイー<(´∀\)ミ タハーッ(ノ∀`)ゝ

これは自分自身が双子、子どもが双子、家族に双子が居る、等々
そういった人たちが感じる違和感じゃないかなーと思うのだけど。。

話自体は面白かったんだけれども、
よくわかんなかったのがその2点。
|18:32| 作家別・や行(横山 秀夫) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|18:32| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.