| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
小説こちら葛飾区亀有公園前派出所
評価:
大沢 在昌,秋本 治
集英社
¥ 1,050
(2007-05-24)
Amazonランキング: 1013位
Amazonおすすめ度:
企画も価格もお得♪
作家の実力がモロに出た。
妖しい怪しい
なんだか久しぶりの更新でござんす。
実はアヒルと鴨のコインロッカーを読んでる最中なんだけど、
出だし辺りで猫などの小動物をいたぶってなぶり殺しにして喜んでるわけーやつらが、
そろそろ人間を・・・とかなんとか言い出した辺りで、
先に読み進むのがこわくなってちょっとストップしてますです。
伊坂幸太郎はまだ3冊目ですが、
どれも【悪意】がいろんな形で出てきて、ぞぞぞぞぞ・・としますですね。


って言うことで、ちょっと気分を変えて小説こち亀っ!!
しかも画像を見てわかるように豪華執筆陣なのだー。
ぱふぱふ〜っ

大沢在昌のはモチロン、新宿署の鮫氏と藪氏と晶が登場〜♪
新宿鮫と両ちゃんが一緒の話に出てくるなんて、贅沢っ゜.+:。(*≧∇≦*)゜.+:。
アノ人と両ちゃんが幼なじみっていうのも、
なんとなく納得しちゃうから不思議。 ぷぷぷ。。

京極夏彦のでは、中野の古書肆が出てきますよー。
この人も相当なお年寄りのようですが、
小説家は鬼籍に入ってるんですね。 さみしー。
破天荒な探偵は健在なのは、読んでいてニヤリとしましたよぅ。
で、大原部長が憑き物落しされちゃってます。
さすがっ。

石田衣良は池袋ウェストゲートパークの兄ちゃんが、
他のお話も作家の常連キャラクターが書かれているのでしょうね。
読んだことが無いのでわからないけど、
それでも面白かったのでこれから読んでみようと思いまーす。

しかし両ちゃん、いろんな人に愛されてるよね〜♡
このまま水戸黄門並みに続いていって欲しいですね。
アニメも面白かったんで、再開しないかな。
ラサール石井の声、ピッタリよね〜゜+。:(人´∀`)゜.:。+゜


|12:20| その他*小説 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|12:20| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.