| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
勝利 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
評価:
ディック フランシス
早川書房
¥ 777
(2006-11)
Amazonおすすめ度:
主人公の人物設定が絶妙

真冬の寒い日、レース場で起きた惨劇に観客たちは凍りついた。
目の前で騎手が落馬し、馬に押しつぶされて死亡したのだ。
友の突然の死に、哀しみにくれるガラス職人のローガンだったが、
まもなく彼のもとに一本のビデオテープが届く。
それは友が命を賭して彼に遺したものだった。
が、中身をたしかめる間もなく、
押し入った何者かによりテープが強奪されてしまう。
謎を秘めたテープをめぐり、熾烈な争奪戦が今はじまる。


ビデオテープの内容も知らないのに、
強盗に入られたりガスボンベでぶん殴られたり
ドSのオバハンに追っかけ回されたり殺されそうになったり、
ヒドイ目に遭っているローガン氏。
お話の筋自体はフツーかも知れないけど、
ガラス職人っていうのが後々の後になってミソなのですねー。

それにしてもドSのローズがこわ〜い。
人は殺した事はないそうですが、、、
天狗ってる職人見習い氏の妬み嫉みも見苦しいというか。
(嫉妬ってネタミソネミの熟語なんだぁー)
なんにしろ、脇役達がひとくせふたくせ。

この競馬シリーズを全て翻訳してきた菊池光氏が亡くなったそうで、
このぶっきらぼうで味わいのある訳は、この先読めないのがさみしいです。
|20:44| 作家別・海外ハ行(D・フランシス) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|20:44| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.