| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
エッジウェア卿の死
評価:
アガサ・クリスティー
早川書房
¥ 840
(2004-07-15)
Amazonランキング: 22431位
Amazonおすすめ度:
クリスティーは犯人設定の意外性を徹底して追求していた
「・・・片っ端から疑ってかかる読者の考え方・・・」(P233)
ストーリーテラー、クリスティ。

ポアロが珍しくちょっぴり迷い道くねくね。
幼稚な脳細胞(?)に翻弄されてしまいマス。
とはいえ、遠回りしても真実に辿り着くのは、
わかっていても痛快デスね。

アマゾンのレビューでは
『犯人がわかりやすい』とあったりもしますが、
あの人が犯人かなー?と薄々気付いていても、
読んでいて面白かったですよーん。

アガサ・クリスティは
心理描写に重点を置くタイプと、
舞台装置重視タイプがあるように思いますが、
これは後者寄りでしょうか。
想像力を駆使しても追いつかないので、
映像でも見てみたいですねー。










|22:27| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|22:27| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.