| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
終りなき夜に生れつく
評価:
アガサ・クリスティー
早川書房
¥ 840
(2004-08-18)
Amazonランキング: 259223位
Amazonおすすめ度:
やっぱり読ませるなあ
終わりなき夜に酔う
老境の秀吉

トリック(?)が、アレに似てるなぁ〜と思っていたら、
アレよりも そっくりなお話があるそうです。
"The Case of the Caretaker (1950)"と言う題で、
愛の探偵たちに収録されているようです。
そっくりというか、原型なんだとか。
ちょっと探してきて、比べてみようかな?


夜ごと朝ごと
みじめに生れつく人あり
朝ごと夜ごと
幸せとよろこびに生れつく人あり
幸せとよろこびに生れつく人あり
終りなき夜に生れつく人あり

ウィリアム・ブレイク
「罪なき者の予言」


作中に何度か出てくるのですが、象徴的。









|22:44| 海外作家別・カ行(アガサ・クリスティ) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|22:44| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.