| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
椿山課長の七日間
椿山課長の七日間椿山課長の七日間
浅田 次郎

朝日新聞社 2005-09-15
売り上げランキング : 3946
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


面白かったんだけどー、
登場人物のみなさんも設定もいかにも浅田次郎で
安心して読めるんだけどー、
なんとなぁ〜く浅田節のパンチが弱いような・・・?
そんな気がするのはアタシだけでしょうか。

泣かせる事は泣かせるんだけど、
”アブラギッシュな禿オヤジ”とか、”極道”が出てくるなら
『天国までの百マイル』の方が
胸が熱くなったよな〜。

子どもも出てきて、親への思慕の情とか愛情とか、
わかるんだけどいつもらしくない〜。
もっとじんわりと胸の奥からわいてくるものが
あっても良さそうなんだけど。。。

例えて言うならば、
壬生義士伝を読んだ後に輪違屋糸里を読んだような。
なんか違うかしらん。
わかりにくいね(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり





|13:16| 作家別・あ行(浅田次郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
スポンサーサイト
|13:16| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.