| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
夜は短し歩けよ乙女
評価:
森見 登美彦
角川グループパブリッシング
¥ 580
(2008-12-25)
Amazonランキング: 540位
Amazonおすすめ度:
コミカルで少し不思議,そして甘酸っぱい恋物語
文体に特徴有り
夜は短し歩けよ乙女

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、
夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、
彼女の姿を追い求めた。
けれど先輩の想いに気づかない彼女は、
頻発する“偶然の出逢い”にも
 「奇遇ですねえ!」
と言うばかり。
そんな2人を待ち受けるのは、
個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。
山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、
キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。



“読書の記録”なブログなので、
読んだ順に書きたいところですが、
そこはそれB型だもの(u_u*)ホ゜ッ
書きたい順に書くのでありました。

んでもって、夜は短し恋せよ乙女です。
文庫になったのも気が付かないうちに、
ブックセンターIに出ていまして、ラッキーでした♪

不思議な文体なんだけど、
鼻につかないんだよねぇ〜。
そこが不思議。

黒髪の乙女の焦れったい程のにぶさがね、
今時らしくなくて好印象♡
|15:47| 作家別・ま行(森見 登美彦) | comments(0) | - | posted by doremi -
| 1/1 |
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.