| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
鬼平犯科帳 24
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 450
(2001-02)
Amazonランキング: 79967位
Amazonおすすめ度:
しぬこと
鬼平最終巻


風が鳴った。
平蔵は愛刀の鯉口を切る。
雪か?闇の中に刃と刃が噛み合って火花が散った―。
表題とした「誘拐」は、
著者の長逝によって永遠の未完となったが、
三十年をこえる作家としての営みの掉尾を飾る作品でもある。
巻末に著者と長い交遊のあった文芸評論家尾崎秀樹氏の
「池波正太郎の文学」を併録する「鬼平」最終巻。



ううう…。

すっごくイイ所で終わっています。
荒神の2代目ネタだけでも、
この先まだまだ楽しませて貰えそうだったのよねぇ。
とてもとても残念です。

池波大先生も無念だったことでしょう・・・

|20:04| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | - | posted by doremi -
鬼平犯科帳 23
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 530
(2001-02)
Amazonランキング: 80909位


夜鴉が無気味に鳴くのを聞いた翌日、
おまさは旧知の盗賊・峰山の初蔵に声をかけられた。
「頼みがある。荒神の二代目に力をかしてもらいたい。
二代目は女だ。先代の隠し子さ」
―荒神の先代にかわいがられたおまさの心が騒いだ。
…平蔵の亡父の隠し子と盗賊の隠し子がからんで、
事件のいとは段々ほぐれて行く。
期待の長篇。



荒神の2代目ヤバッ(;*゜□゜*)!!!
おまさ、大丈夫かっ??

鬼平のとーちゃんも、
隠し子だなんてやるなぁ(-д-+)
平蔵サマをいじめ抜いた鬼婆なので、
まったく同情出来ません。ふんがっ

|19:58| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | - | posted by doremi -
鬼平犯科帳 22
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 570
(2001-01)
Amazonランキング: 77575位


突如、夕闇を切り裂いて疾って来た半弓の矢が、
与力・秋本源蔵の頸すじへ突き立った―。
与力暗殺!長谷川平蔵が襲われ、下僕までも殺されている。
あろうことか、平蔵の長男辰蔵、
さらには娘の嫁ぎ先まで狙われているのだ。
敵は何者か?
生涯の怪事件に苦悩し、
追詰められた平蔵の胸に去来するものは…。
久々の傑作長篇。



|19:53| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | - | posted by doremi -
鬼平犯科帳 21
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 530
(2001-01)
Amazonランキング: 162281位

 

同心大島勇五郎の動静に不審を感じた平蔵が、
自ら果敢な行動力で兇盗の跳梁を制する「春の淡雪」、
探索方から勘定方に戻されて腐っていた細川峯太郎が
非番の日に手柄を立て、
ふたたび探索方に立てられるまでを描く「泣き男」
・・・など、
部下への思いやりをしみじみと写し出して
“仏の平蔵” の慈愛溢れる六篇。
ファンに贈るこの一冊。



ぎょぎょぎょ。。。
ずっと前に読んだのに、
書いてなかったわ〜(゜Д゜)

ってなことで、
またまた鬼平祭りだ〜


|19:41| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | - | posted by doremi -
鬼平犯科帳〈20〉
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 540
(2000-12)
Amazonランキング: 85826位

女は、いきなり甚助へつかみかかり、
「何をしゃあがる」
立ちあがった甚助に突き飛ばされると、
「か、敵討ちの約束がまもれぬなら、わたした金を返せ、返せえ!」
白目をつりあげて叫んだ―。
逃げ廻る甚助に旧知の平蔵は助太刀をするが、
事は意外な方向に展開して行く。
女心の奇妙さに、さすがの鬼平も苦笑い。
花も実もある鬼平の魅力。

おしま金三郎
二度ある事は

怨恨
高萩の捨五郎
助太刀
寺尾の治兵衛




お元気ですか〜
またまた鬼平まつりでしたー。

最終巻の24巻に近づいてきて、
早く読みたい・・いやこれが最後は・・
と、ひとりでやってますヾ(´▽`;)ゝ
なにしろ未完なので・・・。
|19:16| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | - | posted by doremi -
鬼平犯科帳〈19〉
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 540
(2000-12)
Amazonランキング: 86100位

「これ、どうしたのだ?」
「うちの子が、勾引されたんでございます」
叫ぶようにいったおろくが、
平蔵の手を振り切って家を走り出た。
―幼児誘拐犯は実の親か?
卑劣な犯罪を前にさすがの平蔵にも苦悩の色が…。
六篇を収めた力作短篇集。

霧の朝
妙義の團右衛門
おかね新五郎
逃げた妻
雪の果て
引き込み女



|19:07| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | - | posted by doremi -
鬼平犯科帳〈18〉
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 500
(2000-11)
Amazonランキング: 34837位

大恩ある盗賊の娘が狙われている。
密偵仁三郎は平蔵に内緒で非常手段をとるが―。
盗賊上がりの部下を思いやる鬼平の情と
仁三郎の苦悩を描く「一寸の虫」。
尾行中の鬼平の前で提灯が闇に飛んだ。
辻斬りか?
「神妙にせよ!」
途端に逃げ失せた賊と共に傷ついた男も消えた―。
謎が謎を呼ぶ「蛇苺」等、
円熟の短篇全六篇を収録。
|19:43| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
鬼平犯科帳〈17〉特別長篇 鬼火
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 540
(2000-11)
Amazonランキング: 38496位

その居酒屋には名前さえついていない。
土地の人びとは「権兵衛酒屋」と呼んでいる。
亭主はもと二本差であったらしい。
長谷川平蔵がそこへ立寄った日に、
「権兵衛」の女房が斬られ、
亭主はいずこかへ逐電した。
何かいぶかしい―。
謎を探る平蔵に迫る怪しい影は、
ついに鬼平を斬った!
特別長篇「鬼火」、満を持して登場。
|19:41| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
鬼平犯科帳〈16〉
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 540
(2000-10)
Amazonランキング: 42276位

出合茶屋で女賊をむさぼりつくす同心の狙いは何か―。
妻を寝とられた腹いせに放火を企てた船頭が闇の中、
商家へ吸い込まれてゆく黒い影の群れを見た時―。
様々な思惑を胸に秘めて、
巷にしぶとく生きる悪に鬼平は如何に立ち向かうのか?
「影法師」
「網虫のお吉」
「白根の万左衛門」
「火つけ船頭」
「見張りの糸」
「霜夜」
の六篇収録。
|19:39| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
鬼平犯科帳〈15〉特別長篇・雲竜剣
評価:
池波 正太郎
文藝春秋
¥ 570
(2000-10)
Amazonランキング: 41335位

二夜続けて腕利きの同心が殺害された。
その手練は、
半年まえ平蔵を襲った兇刃に似ている。
あきらかに、何者かの火盗改方への挑戦だ。
あの大鴉のような男が向けてきた
刃の凄さを思い返した平蔵は、
湧き上ってくる闘志を押えかねて
思わず身震いした―
恐るべき敵に立向う平蔵の縦横の活躍を描く。
|19:38| 作家別・あ行(池波 正太郎) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by doremi -
| 1/3 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.