| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

veryberry★books!


::: 読書の記録 :::
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
赤毛のアン
赤毛のアン赤毛のアンL.M. モンゴメリー Lucy Maud Montgomery 掛川 恭子 講談社 2005-04売り上げランキング : 11264おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


赤毛のアンと言えば、
アニメで何度も見たし、
村岡花子さんの訳で何度も読み返し
(シリーズの途中で飽きてみたり)、
ミーガン・フォ(ェ?)ローズ主演で映画も観たし(テレビだけど)、
今さらと言えば今さらなんだけど。

久々のブックオ○で、講談社の完訳版ってのを見かけて、
パラパラッと立ち読みしたのが
ちょうどレイチェル・リンドとの戦いの場面で。
ワクワクしてきちゃってついつい買ってしまいました。

ぅんも〜、大正解!!!
素敵素敵素敵。
(あ〜、アンみたいに大げさでもいいから
あんな表現力が欲しい〜〜)
アンと一緒に泣いて笑ってうっとりするのだ。
みじめな気持ちにもなるし、
想像してましな気分になったり、
未来に希望をもったりも。

そしてお母さんになった今では、
マリラにも共感できる。
神様よりも愛する存在が出来て反省してしまうってのは、
ちょっとわからないケドね。(笑)

それにしても、マシューが亡くなったところでは、
涙が止まらなかったよ。
アンとマリラも、前よりもわかりあえてえがった。。。



続きを読む >>
|19:51| 作家別・海外マ行(L.M.モンゴメリー) | comments(3) | trackbacks(3) | posted by doremi -
| 1/1 |
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.